与謝野町にある工務店です。子育て家族のお悩みを解決させていただきます!新築、リノベーションもお任せ下さい!

壁偏

  
           『 良い家に住みたい 』家づくりを考える人なら誰でも思う願いです。
           私も同じように『 良い家を造りたい 』という強い気持ちで 家づくりに携わってきました。
           そこで、大工職人として長年の経験から得た 私の家づくり に対するこだわりをお話します。

           先日、リフォームのご相談をいただきました。
           その内容は…
           「 家の中にいても外の様に寒い。壁が結露し家具まで濡れている。何とかなりませんか? 」
           とのこと。

           後日訪問し調べてみると、『 寒くて当たり前、結露するのも当然 』と思える施工になっている
           ことに気が付きました。
           原因は、空気の流れです。
           床下の空気が根太(床構造材)間より内壁を通って1階天井(2階床下)に流れていました。
           部屋は常に外気にさらされ、室内側の表面温度(暖かい)と外気(寒い)との温度差により
           結露も発生していたのです。又、あるべきはずの断熱材は垂れ下がって役目を果たしておらず、
           結果寒い部屋になっていました。
           目に見える表面結露はもちろんのこと、壁内部の結露で躯体が腐食していないかと心配にも
           なりました。

           寒さや結露を防ぐには、下記のような方法があります。
             1.床下の空気を内壁に流さない
             2.壁の断熱材は、湿気を吸わないセルロースファイバー・ロックウール等を使用する
             3.構造材である梁や桁まで断熱材を貼り上げる

   
wall-1wall-2
  
  
           『 自然素材で永く住める家造り 』をモットーに家づくりをしている当社では、
           省エネルギーで毎日の生活を快適に過ごして頂けるよう、上記施工方法を標準仕様にし、
           目には見えない部分も『 良い家 』であるように取り組んでいます。

                                                            尾上 義則

お気軽にお問い合わせください TEL 0772-42-7483 メールアドレス : info@ogami-komuten.com

PAGETOP
Copyright © 株式会社おがみ工務店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.