与謝野町にある工務店です。子育て家族のお悩みを解決させていただきます!新築、リノベーションもお任せ下さい!

柱偏

  
hashira
  

  
           『 良い家に住みたい 』家づくりを考える人なら誰でも思う願いです。
           私も同じように『 良い家を造りたい 』という強い気持ちで家づくりに携わってきました。
           そこで、大工職人として長年の経験から得た 私の家づくり に対するこだわりをお話します。
  
           近年、建てられている住宅の多くが、外見の一部分に無垢材を貼るだけで『 木のかおり・木の家 』
           と表され、盛んに使われているのではと私は思うのです。
           ベニヤ・集成材・ボード等、素材は木ですが、本当に『 木のかおり 』と言えるのでしょうか?
           時代の流れの中で使わない訳にはいかないけれど、『 良い家 』を思うとせめて構造材には使用した
           くないと思うのです。
           例えば、上図の写真(写真提供:NPO法人国産材)は、4年半の間野ざらしにした柱材です。
           右端のボロボロになった材は、ホワイトウッド、その隣から順にベイツガ・杉・ヒノキと並んでいます。 
           ホワイトウッドは主に、柱や間柱に使われ、近年住宅材料として安価で、加工がしやすい為、急速に
           普及し相当のシェアを占める材料です。
           しかし、その反面水分を含むと非常に腐りやすく、シロアリに極めて弱いという欠点があります。
  
           だからこそ、『 自然素材で永く住める家造り 』をモットーに家づくりをしている当社では、主要
           構造部の柱・土台・床等には『 芯持ちヒノキ 』を標準仕様にし、目には見えない部分も『 良い家 』
           であるように取り組んでいます。

                                                                  尾上 義則
  

お気軽にお問い合わせください TEL 0772-42-7483 メールアドレス : info@ogami-komuten.com

PAGETOP
Copyright © 株式会社おがみ工務店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.